2017年 「仕事」上半期

仏壇の山下屋の、日々の仕事の実績を発信していきます。心を込めた仕事を常に一番に心掛け、これからもお客様に喜ばれる仕事を展開していきます。

2017.5.31

今月中に仕上げる予定のお仏壇。蒔絵が磨き蒔絵と豪華で、象牙も入るのが金沢仏壇の特徴です。

2017.5.30

お客様宅より、お位牌のご依頼を受けました。定休日でも有難いです。

2017.5.29

欄干のギボシ部分が金メッキで輝き、素晴らしい仕上がりになりました。金具職人のお陰です。

2017.5.29

金沢仏壇の金具打。福井仏壇と違い、ギボシに金具を打ち付けます。

2017.5.29 

両大使の彩色直し。この部分が綺麗になります。

2017.5.28

綺麗に張替えました。お客様の予算もあり、¥3,000円での張替えです。

2017.5.27

越前町の○○様よりお預かりした天井板。

 

2017.5.27

越前市○○様よりお預かりした仏像です(4月)

 

2017.5.27

越前市○○様宅に納品に参りました。掛け軸は古い仏壇の掛け軸を使い、洋間に合うモダンなお仏壇に買い替えされました。これからも末永く大事にお参りください。○○様宅のご多幸をお祈り申し上げます。

 

2017.5.27

越前市内のお客様より、電気がつかないと連絡が入りお伺いしました。今回は電球の球を取り替えるだけで電気がつきました。出張料¥0円

 

2017.5.26

金箔を押し直すと、黄金の輝きが蘇ります。

 

2017.5.26

お客様からお預かりした過去帳をのせる台。見台の金箔がはげています。

 

2017.5.25

唐木仏壇の掛け軸が本山から届き、納品前の最後の作業です。納品前のお仏壇の数々でお店が狭くしてしまい、ご来店のお客様にはご迷惑おかけしております。

 

2017.5.25

納品前に仕上がりに間違いないのか、もう一度点検です。

2017.5.24

お客様からお預かりしたりんとう。磨き直し、金メッキに綺麗に仕上がりました。お磨きは不要となります。

2017.5.24

お客様からお預かりした三具足。修理をし、磨き直して金メッキに綺麗に仕上がって来ました。お磨きは不要となります。

2017.5.24

鶴の口にくわえている、いわゆる”くわえ”の修理。亀さんの上に乗り、しかも口先からローソクを立てる。真っ直ぐする熟練の職人技です。

2017.5.23

お客様よりお預かりしたゲス板。金箔の部分は保護するため、コーティングをします。

2017.5.22

高岡から届いた特大の灯篭。真鍮金メッキの極上品です。これで電気工事に取り掛かれます。

2017.5.21

お客様よりお預かりしている総高68cmの大きい仏像。こちらを70代のお仏壇に納めます。国産の金仏壇が別注で仕上がっていますので、納まるのが楽しみです。 

2017.5.21

夕方時間をみて、磨き上げをしました。コツは、テガールをした後の、アルボン磨きでより輝きが増します。

2017.5.20

お客様よりお預かりした仏具類も、テガールでピカピカに蘇ります。仕事量が多く、立て込んでますが、納期に余裕があるから助かります。感謝。

2017.5.20

仏像も箔押しが仕上がってきました。後はお顔を福井工芸会の蒔絵職人山登さんに書いて頂き、仕上げです。いいお顔に仕上がります。

2017.5.20

金箔押しも仕上がり、納品準備です。ゲス板でけでも綺麗になるとすっきりします。

2017.5.19

外回りの用事の多い中、納品準備も一つ、ひとつ確認させて頂いてます。

2017.5.18

午後からは○○様宅まで納品に参りました。先祖代々のお位牌をお作りした後の、納品となりました。リフォームされた仏間にもうまく納まりました。末永いお付き合いができますよう、メンテナンスにも心掛けて参ります。○○様のご多幸をお祈り申し上げます。

2017.5.18

ゲス板のお直しを頂ききました。金箔が剥げ易いところですから。

2017.5.17

こちらも彫り字希望のお客様です。末永くお参り下さい。

2017.5.17

こちらも彫り字希望のお客様です。末永くお参り下さい。

2017.5.17

彫り字希望のお客様のお位牌です。末永くお参り下さい。

2017.5.17

お客様からは、こげ茶の房に変更のご希望でした。これからも大切にお使いください。

2017.5.17

御念珠の修理のご依頼を頂きました。

2017.5.17

高田派の紋入りの和讚箱。武生の地域には珍しいです。

2017.5.17

午前中、幕の取り付けに来ました。綾で出来た丈夫な生地です。施主様にお喜び頂き、仕立てた職人に感謝致します。

2017.5.16

扉の表金具も仕上がって来ました。福井で唯一の小林金具。宣徳仕上げをして頂ける貴重な職人さんです。金具の特上仕上げならこの人にお任せです。それにしても、良い色に仕上がっています。

 

2017.5.16

塗まで仕上がった両大師。後は蒔絵工芸士の山登さんに彩色をお願いし、仕上げていきます。

2017.5.15

お位牌の追加字の依頼を頂きました。お二人書きのバランスも綺麗に仕上がりました。大切なお位牌を承り感謝いたします。

2017.5.15

現場仕事に来ました。錆びた釘を抜きに来ましたが、流石に硬い・・。現場仕事はいいですね〜。作業だけですから、集中出来ます。

2017.5.14

○○家のお位牌をお作りさせて頂きました。

2017.5.14

お仏壇の処分をする前には、お仏壇の解体をしていきます。

2017.5.14

ゲス板のお直しを預かりました。納期は今月中ですが、すぐ取り掛からせて頂きました。

2017.5.14

○○様よりご依頼を頂きましたお位牌です。出張でお見えになられるのが半月程先になりますが、仕上げさせて頂きました。大切なお位牌をこれからもお参り下さい。

2017.5.13

○○様よりご依頼を頂きましたお位牌の追加書きです。大切なお位牌をこれからもお参り下さい。

2017.5.13

○○様よりご依頼を頂きました掛け軸の表具直し。上金直しで煌びやかに直ってきます。掛け軸が出来上がると、新調したお仏壇に納めさせて頂くのが楽しみです。

62017.5.13

越前市○○様宅にお仏壇の納品に。雨が少し気になりましたが、玄関のお宅なので、問題なく納めさせて頂きました。幅146cmの大きさを感じさせない立派な仏間です。これからも末永く大事にお参りください。○○様宅のご多幸をお祈り申し上げます。

2017.5.12

○○様ご依頼で仏様の掛け軸処分。お寺様のところへお持ち致しました。宜しくお願いいたします。

2017.5.12

○○様からの依頼でお仏壇の処分に。ご依頼有難うございます。解体ご供養して処分させて頂きます。

2017.5.11

私も金箔押しはしますが、やっぱり高島さんは凄腕です。同じ時代に一緒に仕事が出来て感謝いたします。

2017.5.11

お客様の帰りに箔押し職人・高島さんの仕事場へ。地場の仏壇制作の経過を見に寄らせて頂きました。箔押し25年以上のベテラン職人さん。仕上がりが楽しみです。

2017.5.10

修理仏壇の障子を梨地に仕上げています。

2017.5.10

仏像の中塗りの仕上。研いで上塗りになります。 

2017.5.8

幅30cmのゲス板の傷埋め・塗替え・箔押しをさせて頂きました。

 

2017.5.8

三具足も修理(金メッキ)をさせて頂きます。

 

2017.5.8

りんとうの修理(金メッキ)に取り掛からせて頂きます。

 

2017.5.8

○○様宅までお仏壇のお預かりに寄せて頂きました。法事に向け綺麗にさせて頂きます。

 

2017.5.7

順番としては、まず研ぎつけてからお直しが始まります

 

2017.5.7

○○様よりお預かりしたゲス板。この板の上にお花や香炉や火立てを飾るため、傷がつきやすい部分です。

 

2017.5.6

午前中○○様からお預かりしてきたお掛け軸。裏書は入っている正式なお掛け軸です。

2017.5.5

仕事場では組立と納品作業の最中です。仕事って不思議と重なりますね。

2017.5.5

金沢仏壇のフロ枠です。金沢仏壇の蒔絵はやっぱり素晴らしいです。

2017.5.4

お数珠直しのご依頼を頂きました。

2017.5.4

お位牌のご依頼を頂きました。

2017.5.4

今朝は○○様のご依頼でお仏壇のお掃除に寄せて頂きました。法事が近々あるそうでお仏壇が綺麗になってとても喜んで頂きました。私も○○様の笑顔にほっこりしました。感謝いたします。

2017.5.3

姉の字も補修することで読みやすく綺麗に復元できました。大切なお位牌だからこそ、末永く手を合わせて頂きたいです。

2017.5.3

大切なお位牌の字が薄くなっていました。

2017.5.3

お位牌のおすす払いのご用命を頂きました。

2017.5.3

金箔の取れた部分は綺麗に補修していきます。

2017.5.3

お仏壇のこの部分は何かと金箔が取れやすいので、お客様のお掃除の仕方にも助言をさせて頂いております。

2017.5.3

お客様よりお仏壇の移動、買い替えのご相談にお伺い致しました。じっくりご要望にお応えさせて頂きたいです。 

2017.5.2

お位牌のご用命を頂き、感謝いたします。ご夫婦お二人書きです。

 

2017.5.2

○○様宅に寄せて頂きました。頂き物まで頂き、感謝いたします。

2017.5.2

幅148cmのお仏壇です。中に安置されています阿弥陀様は総高80cm超と立派な仏像です。

2017.5.2

納品させて頂いたお仏壇です。かなり激しくいたみのあったお仏壇。修復してお届けに上がれて感謝いたします。○○様のご多幸をお祈りいたします。

2017.5.1

お届けさせて頂いたお仏壇です。○○様のご多幸をお祈りいたします。

2017.4.30

 お客様の御用でもう1件、越前町まで寄せて頂きました。昨年納めさせて頂いたお客様です。極上品を納めさせて頂いております。御用を頂き感謝いたします。

2017.4.30

 お客様の御用で越前町まで寄せて頂きました。200代の堂造りを山下屋で納めさせて頂いたお客様のおうちです。ご要望を頂き感謝いたします。

2017.4.30

 お仏壇の処分に寄せて頂きました。街うちでは珍しい幅145cmのお仏壇。デカいです。ちなみに改築もされていたので、その場で解体をして出させて頂きました。有難うございます。

2017.4.30

 仏壇小物のお洗濯をして乾かしています。綺麗になっています。

2017.4.30

 お位牌のご依頼を頂きました。

2017.4.29

お位牌板のご依頼を頂きました。

 

 

2017.4.29

100代三方開きのお仏壇。移動のためお掃除をさせて頂いております。

 

 

2017.4.29

今日も朝から天気が良かったのでお仏壇の洗濯日和♪

 

2017.4.28

お仏壇の引き上げ来させて頂きました。新調されるため、お仏壇の中はお使いになります。

2017.4.27

お仏壇の開閉がしにくいとの連絡を受け、修理に寄せて頂きました。お仏壇状態と、現場に合わせ最善の修理を目指し、取り組ませて頂いております。

2017.4.26

お客様のご要望の別注のお仏壇。いまから扉を合わせるところです。純国産の仏壇が3本並ぶとそれはそれは美しいです。

2017.4.26

仏像修理の下地を剥がすと、昔の書いた字が出てきました。

2017.4.25

大きいお仏壇でしたが、お仏壇の出し入れのしやすい御宅で助かりました。

2017.4.25

○○様宅にお仏壇の預かりに寄せて頂きました。仏間いっぱいに納められています。

2017.4.24

300代のお仏壇の納品準備。GWあたりに納品。しっかり準備。

2017.4.23

仏壇修理、仏像修理はお客様がずっと手を合わして拝むものなので、じっくりお直しに時間をかけています。

2017.4.23

先日から取り掛かっている仏像の後背の裏側です。見えないところですが、木地肌荒いため、しっかり下地をしていきます。

2017.4.22

午後から福井市○○様宅に納品に参りました。新築の引渡しを終え、本日の納品の運びとなりました。末永いお付き合いができますよう、メンテナンスにも心掛けて参ります。○○様のご多幸をお祈り申し上げます。

2017.4.21

お預かりさせて頂いた山号。修復に取り掛からせて頂きます。

2017.4.20

前回、お客様にお見せした欄間。十数点の欄間の中から好きな欄間を選んでいただきました。「後は任せたよ」とお言葉を頂くたびに、期待以上にお答えしたいと、闘志が湧いてきます。有難いです。感謝いたします。

2017.4.19

山下屋では、簡単に綺麗になります。1個¥500円~お受け致しております。

2017.4.19

お客様からお預かりしている仏具。なかなかご自分で磨いても綺麗にできないそうです。綺麗にするには力を入れてお磨きが必要です。

2017.4.18

新調した欄干ができ上がってきました。こちらは特注の仏壇用の欄干です。職人のお陰で、綺麗な仕上がりになっています。ここから、下地を塗っていきます。

2017.4.18

職人と修復金具のことでミーティング。これからも大事にお参りするお仏壇だからこそ、一つひとつ詰めた話をしていきます。

2017.4.17

納品準備中。金箔の剥げたところの繕いをしていきます。

2017.4.17

お客様がお花立ての処分に来られました。今回の処分代は無料です。

2017.4.17

お位牌のご依頼を頂き、仕上がりました。お位牌は故人そのものと考えられています。今までを想い、これからを願う。感謝のカタチ。末永くお参り下さい。

2017.4.17

こちらも涅槃像。優しいお顔に一目惚れです。

2017.4.17

先日取り寄せた仁王像の写真撮影会。凛々しいお顔が素敵です。織田メルシ店に飾る予定です。

2017.4.17

お客様より、ご依頼頂いた仏像の修理。こちらもこれから綺麗に塗り替えていきます。

2017.4.17

先日の欄干直しの下地をようやく剥がし終えました。ここから、新しく下地に取り掛かります。

2017.4.16

引き続きお仏壇の引き上げに参りました。末永くお使い頂いたお仏壇に感謝し、お焚き上げをさせて頂きます。本日もたくさんのお仕事を頂き感謝いたします。

2017.4.16

午後からは○○様宅まで納品に参りました。掛け軸が別注のため、しばらくお待ち頂いての本日の納品の運びとなりました。末永いお付き合いができますよう、メンテナンスにも心掛けて参ります。○○様のご多幸をお祈り申し上げます。

2017.4.16

本日は1300年祭の行事が○○神社で行われました。右大臣、左大臣の修繕をさせて頂いたので、無事この日を迎え、とても有難い気持ちです。ちゃんとガラスケースに収められ、埃がつかないように飾られています。

2017.4.16

ずらりと並んだお仏壇のパーツ。ある程度乾いてきたら、陰干しをして風通しの良い場所に移して乾かします。直射日光は厳禁です。

2017.4.16

朝から仏壇のすす払いに取り掛かりました。日中25°にもなる陽気でお仏壇の洗浄をした後の乾燥にもとても良い天気です。

2017.4.15

今月も忙しさはピークを迎えています。このお仕事に携われて有難いことです。お一人おひとりのためにと想い、取り組みますと無限に力が湧いてきます。感謝いたします。

2017.4.15

全部を解体しいきますと、いくつものパーツにもなります。

2017.4.15

細かい部品まで解体していきます。しっかり埃やススが取れ、湿気もとるためです。

2017.4.15

明日のお天気に合わせてお仏壇のクリーニングのため、仏壇を解体しています。

2017.4.15

欄干の修理。下地を全てはがす作業をしています。

2017.4.15

お位牌の表側の磨ぎをしています。文字の書き換えや、1人書きのお位牌から2人書きにも出来ます。

2017.4.14

無事仏間に収めることが出来ました。これからも末永く大事にお参りください。

○○様宅のご多幸をお祈り申し上げます

2017.4.14

無事運び終わり、組み立てていきます。

2017.4.14

お客様宅で、となりのお部屋もお借りして仏壇の部品を運ばせて頂いています。

2017.4.14

軽トラックにも部品でいっぱいになりました。

2017.4.14

朝から仏壇の部品の積み込み。今日の納品宅の仏間が2階にあるため、仏壇を解体したまま、お持ちしたします。

2017.4.13

午後から、南越前町まで見積に来させて頂きました。今日の用事は6件目。帰ってからまだ2件の用事を頂きました。感謝です。充実した1日に幸せです。移動中にもブルートゥースのお陰で29件こなせています。

2017.4.13

午前中、越前町まで仏壇のお預かりに寄せて頂きました。お客様のご希望もあり、予算の少ない中、取り掛からせて頂います。ご希望に添えるよう取り組ませて頂きます。

2017.4.12

店先まで出してきたしていたモダン仏壇の納品準備が終わりました。仏具も選んで頂き、できるだけお部屋にも違和感がなくお参りでいるように提案させて頂きます。

2017.4.10

先日東京の展示会に行き、ペット用のお仏壇を取り寄せました。お部屋のところに置いても場所をとらず、コンパクトで可愛らしい作りとなっています。金額もお手頃となっています。

2017.4.10

古い仏像の下地剥がしが終わり、パーツごとに解体するところまできました。これから復元にはいります。

2017.4.10

お客様からご依頼いただいた掛け軸が届きました。法名軸と呼ばれるものです。赤い枠があり、こちらの場合は9人分の法名を書く事ができます。

2017.4.9

お客様のご要望でお仏壇の入れ替えの話に来ました。最近ではお客様のご事情により、小さな仏壇に入れ替える方もいらしゃいます。

2017.4.9

今朝はお寺の幕の現場打合せに来ました。門の間口の寸法を計りに来ました。

2017.4.8

色が鮮やかで綺麗になりました。

2017.4.8

頭部の螺髪(らほつ)の部分も色が剥げているので直します。

2017.4.8

限らっれた時間の中、一つひとつ仕上げていきます。

2017.4.8

このように金の剥がれている所には金箔を貼り、元通りに補修していきます。綺麗になった前卓を想像しながら作業を終えると、にんまり口元がゆるみます(´∀`)

2017.4.8

今日は仏具の修理をしていました。前卓(まえじょく)というもので、上には三具足を飾り、打敷もかけます。お客様がお掃除をすると、つい金箔を拭き、剥がれてしまうので気をつけたいところでございます。黒い所が金が剥がれている所です。

2017.4.7

花柄の綺麗な有田焼のお仏具。上品な中にも温かみのある色合いが、モダン仏壇の風合いを引き立たせます。

2017.4.7

先日東京の展示会から取り寄せた仏具。虹色に光るお仏具がモダン仏壇の中でで、ひと際目がいきます。

2017.4.7

時間をみて古い極彩色を剥がしています。白木の木地のところまで戻してから、新しく下地をしていきます。2体とも眼が入っている仏像ですが、仏師さんが顔の表面を剥がし、内側から眼の枠と黒目が入っています。仏師さんの創り出す仏像の技術は流石です。

2017.4.3

前回の写真修復前です。障子の立て付けが悪く、開け閉めが出来きず、障子の紗(網)や組子も取れてお困りでした。

2017.4.3

先日ご用命頂いたお仏壇の障子を戻しに来ました。4枚の障子の補強にネジクギを使い、障子の紗の4枚張り替え、カンヌキ部分のお直し。障子の打ち直しに二分(6mm)ほど上げて打たせて頂きました。これで障子の開閉もスムーズにいきます。

2017.4.2

両大師様は極彩色のお化粧をするため、まずは古い下地をとり、木地の段階まで戻します。

2017.4.2

台座なども金が綺麗になりました。

2017.4.2

汚れがとれ、綺麗になった仏像です。金の輝きが戻っています。

2017.4.1

お預かりしている仏像の作業に取り掛かります。

2017.4.1

扉の金具の取り付けにやってきました。扉が締まりにくく、金具も壊れていたので修復し持ってまいりました。法事があるお客様の相談に応えられ幸せです(^ ^)

2017.4.1

お客様より新調のお話を頂き、ご提案しようと思っている店内のお仏壇。近々ご来店頂けます。

2017.4.1

今日おすす出しのご用命を頂いたお客様のお仏壇をお預かりすることとなりました。

2017.3.31

○○様から預かりの組子。紗はりの仕事です。網(紗)を取り替えるだけでもお仏壇が綺麗に見えます。

2017.3.30

○○様よりご依頼を頂きました。お客様とは職場関係の人とのご縁、親戚関係の方とのご縁もあり、お預かりを頂くことになりました。人とのご縁に感謝です。綺麗になるまでしばらくお待ちください。

2017.3.29

仏壇も 解体すると、台だけでも4~5つに分かれます。

2017.3.29

解体して洗ったお仏壇。金箔の剥がれが目立ちますが、綺麗に押し直しをします。

 

 

2017.3.28

お客様よりご依頼頂いたお仏壇処分のお話。きちんとご供養させて頂きます。有難うございます。

 

 

2017.3.28

解体したお仏壇。これから、一つひとつ作業に取り掛かります。

 

 

2017.3.27

相当障子が傷んでいます。障子だけをお預かりし、立て付けの狂いのある枠をしっかり直します。少しの間、我慢してお参りくださいね。

 

 

2017.3.27

越前町○○様よりご依頼を受けました。障子の立て付けが気になるとのこと。

 

 

2017.3.27

○○様宅からのお仏壇預かりです。○○様の想いをカタチに・・。しっかり取り組んで参ります。

 

 

2017.3.26

今回も仏間が狭いと、お仏壇の出し入れが難しい場合もあります。でも元々入っていたのだから出るはずです。と自分に言い聞かせてます。

 

 

2017.3.26

越前町○○様宅にお仏壇のお預かりに寄せて頂きました。名古屋の仏壇らしく特徴が出ています。6月までに綺麗に修繕させて頂きます。

 

 

2017.3.25

ここの補修もよくあるのですが、金具にすれて、金箔、漆まで傷がついてしまいます。障子の開け閉めの時は気をつけてください。

 

2017.3.25

長年、手で開け閉めする障子などはどうしても金箔がはがれやすいのです。

 

2017.3.25

お客様のお仏壇で簡単な金箔補修というものがあります。その前に金具を抜いています。

 

 

 

2017.3.23

お客様のご依頼でお仏壇の処分に南越前町までやってきました。大きいお仏壇を出す場合、大人4人いないとなかなか出しにくいのです。長くお使い頂いたお仏壇に感謝し、お焚き上げをさせて頂きます。

 

 

2017.3.22

洗浄したお仏壇の部品は一つひとつを丁寧に水切りをしていきます。汚れが取れ輝きが蘇ります。綺麗になったお仏壇を想像し、お客様の喜んで下さる姿を目に浮かべますと益々やる気が出てきます。仕事をさせて頂いて幸せ。お仏壇有難う。

 

 

 

2017.3.22

今日はお仏壇のおすす出しに取り掛かります。一つひとつを丁寧に分解し、洗浄します。解体しない洗浄では、長年のカビや湿気をとることができないからです。 お仏壇の年代や、産地によって作りの違うお仏壇。一つひとつが勉強になります。目の前のお仏壇有難う。

 

 

2017.3.20

今日は朝から越前市○○町○○様へ納品させて頂きました。身近な場所に置きたいと、洋間に合うお仏壇を選ばれました。末永いお付き合いができますよう、メンテナンスにも心掛けて参ります。○○様のご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

 

2017.3.19

今日は○○様がお急ぎで磨き上げて欲しいと、仏器を持って来られました。

 綺麗になったお仏具でご飯をお供えするのは気持ちがいいですもん。

今日中にお届けいたします。お磨きさせて頂き感謝いたします。

 

 

2017.3.17

お寺様に仏前幕のことで、ご相談を頂きました。檀家様のご寄付でお作り頂けるとのことです。末永くお使い頂けるよう、丈夫で美しく長持ちの幕をお作りさせて頂きます。感謝。

 

 

 

2017.3.16

○○様のお仏壇の引き上げに寄せて頂きました。長年お使いになられたお仏壇、しっかりと処分に務めさせて頂きます。有難うございます。

 

2017.3.14

定休日でしたが、唐木仏壇の納品をいたしました。ご主人の想いをカタチにしたお仏壇です。床の間に飾られている奥様の遺影の脇に、そっと飾られていた家族の集合写真。当時のご夫婦の周りにお子供様、お孫様が揃っている笑顔の集合写真。微笑ましい写真で、思わず、私の心がじわ~と暖かい気持ちになりました。末永いお付き合いができますよう、メンテナンスにも心掛けて参ります。○○様のご多幸をお祈り申し上げます。

2017.3.12

本日はお仏壇のお預かり。80年ほどのお仏壇。慎重に仏間から出させて頂きます。

2017.3.10

お彼岸前は納品も多く、有難いです。

2017.3.9

大仏の障子に差し込む蒔絵が仕上がってきました。

後は、大仏の組立の時に差し込むと仕上がりです。

2017.3.7

再び、輝きを戻したお仏壇。これからも末永く大事にお参りください。

○○様宅のご多幸をお祈り申し上げます。

2017.3.7

お天気のお陰でラクラクの搬入となりました。
ついてる

 

2017.3.7
京都のお客様宅への納品。廊下から見えるお庭がとても素敵です。

当日の京都市内は雨が降っていて、お仏壇が濡れないように細心の注意をしていましたが、搬入の時にはお客様の家の上だけがすっぽりと、晴れてくれました。お天道様に感謝(^-^)

2017.3.5

越前町の○○様宅。

お客様からのご依頼が有り、お見積りをさせて頂くことになりました。

 

2017.3.4

天井から外しています。

 

 

2017.3.4

お預かりのお仏壇を解体。

 

 

2017.3.3

一昨年、納品したお客様から連絡を頂きました。

メンテナンスに寄せて頂きました。

 

 

 

2017.3.1

大屋町の神社に右大臣左大臣を収める日が訪れました。

1300年祭にこのような仕事を授かり、感謝いたします。

2017.2.11

○○様宅に納品に参りました。新築の引渡し後の納品となり、スペースの厳しい所から搬入しました。これからも末永く大事にお参りください。○○様宅のご多幸をお祈り申し上げます。

2017.2.8

市内○○様宅に納品に参りました。昨年からの納入をお待ち頂き、仏像の修復が完了し、ようやく納品させて頂きました。これからも末永く大事にお参りください。○○様宅のご多幸をお祈り申し上げます

2017.1.28

越前町○○様宅に納品に参りました。亡くなられたお父様の意志を引き継ぎ、お仏壇の移動を兼ねてすす払いもされました。仏壇が入るよう間取りが設計されており、移動したお仏壇と仏間との兼ね合いは完璧でした。これからも末永く大事にお参りください。○○様宅のご多幸をお祈り申し上げます。

2017.1.20

右大臣、左大臣の極彩色。ひとつ、ひとつを色の調合をしながら、丁寧に仕上げています。

2017.12.1

12月は納品が続きます。年内までにきちんと納品できるように、早めに準備万端で臨みます。

2016.11.10 

右大臣、左大臣の修復工事。古い下地を剥がしています。

木地の割れや、欠けているところの補修もしていきます。